仮性包茎と包茎手術の費用


包茎手術ならココ!⇒⇒⇒ 過去20万人の包茎を治療。上野クリニックなら、24h予約受付

仮性包茎手術を受けるなら・・・

仮性包茎手術を受けるにあたって、気になるのは「安心できる治療かどうか」、そして「費用」の2点ですね。

まず、安心できる治療かどうかについてですが、実は包茎手術といってもクリニックによってかなり差があるもの。手術費用が極端に安かったので喜んでいたら手術に失敗した・・・。なんて話はよく聞きます。費用が安くても技術が乏しければ問題外。包茎手術に失敗すると傷跡が残り、せっかくの手術が台無しになってしまいます。

その点、上野クリニックは長年にわたって包茎治療をしてきた実績がありますので、安心できるといえるでしょう。また上野クリニックの包茎手術は「無痛・無傷・安心」の基本治療です。包茎手術を受けるなら、やはり実績のあるクリニックで治療するのが一番ですね。

次に「費用」ですが、クリニックによっては包茎手術のほかにオプションサービスが加算されて、いつの間にか高額になってしまったというケースがあるようです。そういった悪徳病院に騙されないためにも、手術費用は事前にしっかりチェックしておきましょう。

上野クリニックでは手術料金に含まれるサービス内容を明確に提示してもらえます。明朗会計ですので後から追加で料金を支払うことはまずありません

不安な点があれば、上野クリニックではカウンセリングが無料ですので何でも質問してみましょう。きっと安心して手術が受けられること間違いなし。

●上野クリニック10の安心
安心 1>男性スタッフによる24時間無料相談システム
安心 2>相談から術後まで全て男性スタッフによる対応
安心 3>多数の症例をもとに個人個人にベストな治療
安心 4>痛みを抑えた独自の麻酔システムを開発
安心 5>傷跡が目立たない自然な仕上がり
安心 6>仮名予約・完全予約制など徹底した来院の秘密厳守
安心 7>医療専用ローン及び大手クレジットも利用可
安心 8>全てが理解できる「無料カウンセリングシステム」
安心 9>上野クリニックのネットワークで「生涯無料保証制度」
安心 10>男の悩みに完全対応

包茎手術なら上野クリニック。カウンセリングは無料です

仮性包茎のままではやっぱりマズイ?

仮性包茎・・・男にとっては何とも嫌な言葉です。包茎が多いといわれる日本人ですが、その中で最も多いタイプが仮性包茎。仮性包茎とは、勃起していない時は皮が亀頭を覆っていて、手でむくと亀頭を簡単に露出させることができる状態のことをいいます。

また、小学校までは包茎でも、通常は中学生から高校生にかけて徐々に剥けてくるもの。もしあなたがこの時期を過ぎても皮が被っているなら、残念ですがあなたは包茎です。

仮性包茎には2タイプあり、勃起すると亀頭のほとんどが自然に露出する正常に近い仮性包茎と、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎があります。

では、「簡単にむけるけど普段はかぶっている」というタイプの仮性包茎の場合、そのまま放っておいて問題ないのでしょうか?

結論からいいますと、仮性包茎自体は病気ではありませんが、そのままというのはやっぱり避けたいところ

その理由は大きく分けて3つあります。

1)亀頭が常に包皮に覆われているため、通気性がなく、病気になりやすい
2)亀頭が敏感なため早漏になりやすく、異性に対して消極的になってしまう
3)見られるのが恥ずかしくて公共の場(温泉など)に行きたくなくなる

仮性包茎は、「衛生面」「機能面」「精神的」それぞれに悩みを抱えることになりがちですので、もしあなたが仮性包茎であることに強いコンプレックスを感じているのであれば、包茎手術を検討してみるのがベストでしょう。

包茎手術なら上野クリニック。24時間ネットで予約できます

包茎だとSTD(性感染症)にかかりやすい?

仮性包茎が早漏やコンプレックスの原因であるとしても、怖いのはやっぱり「病気」です。

包茎の場合、亀頭が常に包皮に覆われているため通気性がなく、亀頭の根元がいつも湿った状態になります。そのため恥垢が溜まりやすくなり、様々な病原菌を繁殖させることに繋がりかねません。

中でも怖いのはSTD(性感染症)。包茎だとコンジロ−ムなどの性感染症にかかりやすいといわれており、また、STD(性感染症)治療をしても再発するケースが多いため、包茎手術をする人も増えてきています。

STD(性感染症)はウイルス性の性病です。よく亀頭にブツブツができることがありますが、このブツブツが要注意。通常は単なる脂肪の塊である場合がほとんどですが、これが尖圭コンジロ−ムであればすぐに治療しなくてはなりません。

尖圭コンジロ−ムにかかっても痛みやかゆみはなく、気づかずにそのまま放置してしまうことになりがちですが、放っておくと大変なことになります。非常に再現性の高い感染症のため、何度も治療しなくてはなりません。それを回避するにはSTD治療と共に包茎手術を行うのが一番なのです。

なお、STD(性感染症)にはコンジロ−ムのほか、淋病・クラミジア・トリコモナスなどの尿道炎、感染性包皮炎・梅毒・性器ヘルペス・カンジタ、梅毒・鼠径(そけい)リンパ腫・エイズや肝炎など実にさまざまな種類があります。驚かすわけではありませんが、これら性感染症は、包茎だと正常な人の数倍かかりやすいのは事実。包茎⇒不衛生⇒病気にかかりやすいということですね。

上野クリニックなら包茎とSTDの両方を診断してもらえます

仮性包茎手術の費用リンク